会社案内

騒音とは

  音は「大気の微小な圧力の変化が音速で伝わる」という物理現象です。
音の基本的な性質は、音の強さを表すdB(デシベル)と音の高低を表すHz(ヘルツ)によって決まります。人間は、一般に20〜20,000Hzの音を聞くことができると言われています。
これらの音の中で「不快に感じる音」が騒音です。


WECPNL(航空機騒音の単位)について

  音の大きさのを表す単位として以前は「ホン」が使われていましたが、現在は「デシベル(dB)」に統一されています。しかし、航空機騒音の単位としては「WECPNL」が使われます。これは、加重等価平均感覚騒音レベル(Weighted Equivalent Continuous Perceived Noise Level)の略で、ある場所における一日当たりの航空機騒音の「うるささ」を評価する尺度として「うるささ指数」とも言われています。航空機の音は、だんだん大きくなって、最高音となり、やがて小さくなって聞こえなくなります。その音が、大きくてもすぐ聞こえなくなれば、影響は小さいし、それ程大きくなくても長く続けば影響は大きいと考えられます。また、まわりがうるさい昼間の航空機の音は影響が少なく、寝静まった夜中の音は影響が大きいと考えられ、機数を19時〜22時では昼の3倍、22時〜翌朝7時では昼の10倍に補正しています。これらを、考慮した下記の計算式で、WECPNLは示されます。

  WECPNL=dB(A)+10llog10N-27
   ここで、dB(A):一日のすべてのピークレベルをパワー平均したもの

  N=N2+3N3+10(N1+N4)
  N1:午前0時から午前7時までの間の航空機の機数
  N2:午前7時から午後7時までの間の航空機の機数
  N3:午後7時から午後10時までの航空機の機数
  N4:午後10時から午後12時までの間の航空機の機数


デシベルについてdBについて

  空気中の気圧の変化で起こる音のPOWERの単位を総称して「デシベル」単位通称「dB」として表しています。そもそも、デシベル(dB)は電話信号の減衰を表す単位(ベル)の1/10のことで、dBのdはデシリットル(ベル単位)、Bはグラハム・ベル(電話の発明者)の名前からの由来で、元々は電話の送信関係の単位でした。
現在では、音のPOWER LEVELとして使用されています。

20デシベル
・木の葉のふれあう音)
30デシベル
・郊外の深夜
・ささやき声
40デシベル
・市内の深夜
・図書館
・静かな住宅の昼
50デシベル
・静かな事務所
・クーラー(家外機、始動時)
60デシベル
・静かな乗用車
・普通の会話
70デシベル
・ステレオ(正面1m、夜間)
・騒々しい事務所の中
・騒々しい街頭
80デシベル
・電車の車内
・ピアノ(正面1m)
90デシベル
・犬の鳴き声(正面5m)
・騒々しい工場の中
・カラオケ(店内客席中央)
100デシベル
・電車が通るときのガードの下
110デシベル
・自動車のクラクション(前方2m)
・リベット打ち
120デシベル
・飛行機のエンジンの近く