会社案内

  住宅防音工事の助成制度は、昭和49年に施工された、「防衛施設周辺の生活環境の整備
などに関する法律」(いわゆる周辺整備法)第4条に基づき、国が行う補助制度です。
  補助対象の区域(第1種区域)は、うるささ指数といわれる航空機騒音の基準値(W値で標
記される)に基づき、指定されています。区域の指定は、国が騒音調査を行い、それぞれ告示
の際に現に区域内に所在する住宅が対象となっています。


1)住宅防音工事の種別

 (1)新規・追加防音工事

  対象住宅

   指定区域内で告示日までに建設された居住の為に使われている住宅。

  ・工事内容

    居室において天井・壁の遮音工事、吸音工事、開口部の遮音工事及び空気調和設備
    (換気設備、冷暖房設備)工事などを実施。対象となる室数は、
                          家族数に1室を加えた室数で5室を限度とします。

  ・助成割合

    国の定めた標準工事方法で防音工事をする場合は、その費用の100%を助成。
                             ただし一定の限度額が定められています。

2)申請方法

    防音工事の申し込みについては、「住宅防音工事希望届け」に必要事項を記入し、
   東京防衛施設局に送付します。その後、東京防衛施設局から、皆様の希望を取りまとめ
   随時「住宅防音事業助成金交付申込書」が送付されますので、必要事項の記入及び必要
   書類を添付の上、申し込みます。

助成金事務手続

手続きの詳細については、このボタンを押してください。